忍者ブログ
大分県で東方カードゲーム『Phantom Magic VISION』を遊ぶ程度の能力。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

構築済みデッキについて、その2です。

まず「キャラクターカード」について。
「構築済みデッキα」は低コスト帯はややカードが少なめです。
そのかわりに高コスト帯は「レミリア・スカーレット」・「フランドール・スカーレット」・「風見 幽香」・「四季映姫・ヤマザナドゥ」などの場にでるだけで勝敗を決する事のできる、強力なカードがそろっています。

「構築済みデッキβ」の低コスト帯にはグレイズが0の「プリズムリバー三姉妹」がいます。
高コスト帯には「魂魄 妖忌」・「伊吹 萃香」・「西行妖」とややクセがあるカードがあります。
単純に強いのは「八雲 紫」でしょうか。

次に「スペルカード」についてです。
「構築済みデッキα」には強力な神器、神槍「スピア・ザ・グングニル」・禁忌「レーヴァテイン」が入っています。
「構築済みデッキα」に【伝説】を持っているキャラクターは3枚ですが、「森近 霖之助」の特殊能力で他のキャラクターに装備させる事もできます。
他には相手の低耐久力キャラクターを一掃できる雹符「ヘイルストーム」や逆転のキーカード奇術「ミスディレクション」などが特徴です。

「構築済みデッキβ」の「スペルカード」には場をリセットする恋符「マスタースパーク」と星符「ドラゴンメテオ」があります。
手札2枚の破棄を必要としますが、それでも状況を一変させうるカードなのは間違いありません。
キャラクター除去に使える人界剣「悟入幻想」と死符「ギャストリドリーム」も有用です。
あとは維持コストがあるものの、「魂魄 妖忌」とコンボになる彩符「彩光乱舞」や、速攻の鍵になりうる木符「シルフィホルン」などのカードも入っています。

最後に「コマンドカード」です。
「構築済みデッキα」には速攻デッキには欠かせない、「マナの生成」と「強引な取引」があります。
またカウンターカードの「作戦阻止」・「断罪裁判」が入っているのも見逃せません。

「構築済みデッキβ」は「楼観剣」・「白楼剣」・「ミニ八卦炉」といった使い勝手のいい【装備】カードが揃っています。
カウンターカードこそないもののカードを場に出る前に阻止する「情報戦」や、相手の強力なキャラクターを持ってくる「離反工作」といった良カードもあります。

さて、この二つのデッキどちらが強いのでしょうか?

正確には数えていませんがだいたい50戦以上した結果からいうと、「構築済みデッキβ」がやや強い、といった結果になりました。
序盤は低コストカードで場をコントロールし、後半の相手の高コストキャラクターは恋符「マスタースパーク」・死符「ギャストリドリーム」・「離反工作」などで対抗し、そのまま押しきるといった展開が多くなりました。

「構築済みデッキα」にもそれらに対抗できるカウンターカードがあるのですが、さすがに50枚中2枚ではなかなか手札にきません。

相手のカードが場にでた後でもドローできれば対処できる、恋符「マスタースパーク」・死符「ギャストリドリーム」・「離反工作」に対し、場にでた時に手札にないと対処できないカウンターカードの差が、デッキの有利・不利に繋がっているといった感じでした。

構築済みデッキでの対戦は普段使わないカードも使う事になるので、カードを覚えるには適しています。(と言っても第一弾のカードだけですが)
また、ハイランダーなのでカードの種類も多くなり、多彩な戦術を要求されます。

たまには構築済みデッキで遊んでみるのも楽しいと思います。
いかがでしょうか?

それでは、また。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Vision Special Collection
最新コメント
[05/07 丈原]
[05/07 カバネロ]
[04/21 丈原]
[04/21 地方ようかい]
[10/11 丈原]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
丈原(じょうげん)
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
メールフォーム
忍者ブログ [PR]