忍者ブログ
大分県で東方カードゲーム『Phantom Magic VISION』を遊ぶ程度の能力。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、前回の続きです。

N氏のデッキには以前の妖精デッキの面影はほとんどなく、「伊吹 萃香」や「レミリア・スカーレット」などの大型キャラクターで攻めるタイプに変貌していました。
デッキ改造の甲斐もあったようで、勝率も上がっていました。

T氏の新デッキは「黄泉の船」で冥界に落とした大型キャラクターカードを「秘密結社」で手札に戻したり、冥符「紅色の冥界」で直接場に出すレイズデッドデッキ。
これがなかなか手ごわく、十数戦して丈原が勝ったのはわずかに3回でした。
本人いわく「適当に組んだ」らしいのですが、それにしては強かったなぁ……。

丈原はデッキをほとんど組替えてない事もあり、勝率はちょっと落ちこんでしまいました。
実はカードが1種類につき2枚差しなんですよね。
基本セットは3つ持っているのですが、構築済みデッキ好きなので1セットはそのままとってあります。
キーカードも2枚なのでちょっと回りが悪いんです……。
基本セットをもう一箱購入すべきでしょうね。

ちなみにこんなデッキです。カードはすべて2枚ずつ入れています。

キャラクターカード 18枚
上海人形
蓬莱人形
小悪魔
サニーミルク
リリーホワイト
十六夜 咲夜
霧雨 魔理沙
パチュリー・ノーレッジ
フランドール・スカーレット

スペルカード 14枚
蠢符「リトルバグ」
産霊「ファーストピラミッド」
人界剣「悟入幻想」
奇術「ミスディレクション」
木符「シルフィホルン」
死符「ギャストリドリーム」
禁忌「レーヴァテイン」

コマンドカード 18枚
マナの生成
情報戦
作戦阻止
白楼剣
対抗魔術
強引な取引
解呪
断罪裁判
魔力還元

序盤は人形を盾としつつデッキを圧縮し、「小悪魔」や蠢符「リトルバグ」で押します。
中盤は「パチュリー・ノーレッジ」で相手のキャラクターを止め、木符「シルフィホルン」で攻めます。
中盤以降はもちろん「フランドール・スカーレット」の出番です。
禁忌「レーヴァテイン」もセットできれば、ほぼ勝てるのですが枚数の関係上なかなかこの2枚は揃いません。
「対抗魔術」は「フランドール・スカーレット」を守るため。
「魔力還元」は「フランドール・スカーレット」に支払うライフ6点を補填する為に入れています。

細かく調整した結果なのですがいかがでしょうか?
え、基本セットを3つ揃えろ?
……ごもっともです、ハイ。

それでは、また。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Vision Special Collection
最新コメント
[05/07 丈原]
[05/07 カバネロ]
[04/21 丈原]
[04/21 地方ようかい]
[10/11 丈原]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
丈原(じょうげん)
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
メールフォーム
忍者ブログ [PR]