忍者ブログ
大分県で東方カードゲーム『Phantom Magic VISION』を遊ぶ程度の能力。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大分市交流会まで3ヶ月を切って、ようやく丈原の回りでも「洩矢の王国」と「幻想の四季」を投入する事になりました。

T氏は「このデッキ自身に勝つ為に叩き台として作った」と言う速攻ウィニーデッキ。
Nガイ氏は人形デッキを作ってきました。

ところでT氏はインターネット環境がありません。
にもかかわらず、速攻デッキの定跡の一つである神術「吸血鬼幻想」と神鬼「レミリアストーカー」をコンボにしたデッキを組んできました。
自分自身のアイデアで定跡を押さえてくるとは、さすがといった感があります。

なお神鬼「レミリアストーカー」は一枚差しで、引かなかった場合は「魔法研究」でドローするというシルバーバレット戦術を取っていました。
「重いから2枚は使わない」だそうですが、グレイズでノードに埋まる事故が怖くないのだろうか……。
T氏らしい思いきりのいいデッキだと思います。

Nガイ氏の人形デッキはもちろん人形を主軸にしており、その上で「アリス・マーガトロイド」を採用していました。
折角「洩矢の王国」を使っているのだから個人的には、「符ノ壱”アリス・マーガトロイド”」や「符ノ弐”アリス・マーガトロイド”」を見たかったのですが……、安定性を取ったといった所でしょうか。

さて、丈原ですが残念ながら新デッキを組む時間がありませんでした。
その為、以前のままのデッキで勝負。

T氏には1勝2敗でした。
T氏はいままで比較的ゆっくりしたデッキを作っていましたが、とうとう速さでも丈原を上回るデッキを組んできました。
これ以上の速さを求めるには……、最早アレしかないのか?

T氏とNガイ氏の対戦は1勝1敗でした。
「人形デッキでどこまでいけるのか?」と思っていましたが、案外強かったです。
序盤に人形を大量に展開する為、速攻デッキとの相性もなかなかの様でした。

とはいえ各々デッキはまだ調整段階。
これからどう強くなって行くのか楽しみの様な恐い様な、複雑な心境です。

それでは、また。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Vision Special Collection
最新コメント
[05/07 丈原]
[05/07 カバネロ]
[04/21 丈原]
[04/21 地方ようかい]
[10/11 丈原]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
丈原(じょうげん)
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
メールフォーム
忍者ブログ [PR]